身体を拓き心を高める〜拓心武道

MENU

「応じ技」と「応じ」

【「応じ技」とは】

 相手の仕掛けてきた技に対し、防御技を用い、その効力を無力化、または弱体化して攻撃を行う攻撃法のこと。応じ技とは、他道場でいう「受け返し」も含むが、応じ技とは拓心武術でいうところの「応じ」の原理原則を理解することが重要である。

 他道場でいう「受け返し」には、防御技による崩しと作り(態勢作り)、そして反撃技との合体による「応じ」の原理がない(少しあったとしても希薄だ)。一方、拓心武術における「応じ」の原理を理解すれば、「防御技×攻撃技」という戦術が無限に近く展開できる。また、拓心武術の修練における組手型の修練とは、戦術における原理原則を認識するためにある。

 補足を加えれば、 拓心武道における「応じ技」とは、相手の攻撃に対し防御技を用いて対応することである。すなわち、相手の技と自己の技との攻防、すなわち自他の戦いは「自他との応じ合い」である。そして相手との戦いは、自己を活かす理法を学び取る契機と考える。よって、拓心武道の組手修練は、他者との対峙を通じ、自己の身心の「認知ー判断ー操作」の能力を高めることを目標とする。

 

【「応じ」とは】

 

 応じ技の「応じ」とは、自己の心身を用いた「認知ー判断ー操作」による武の行為を意味する。そして、その行為を巧みに行うためには、事前の予測(読み取り)が必要となってくる。

 武の行為においては、相手の意図の読み取り(予測)の能力が未熟ならば、相手の行為の認知を正しくできず、相手行為に対する判断も正しくできない。また認知と判断と連係した自己の心身の操作も未熟なものとなる。

 要するに「応じ」とは、組手修練において、自己の認知力、判断力、予測力(読み取り力)を高めるために必要な認識である。もし、相手との戦い、組手修練において、「応じ」の認識がなければ、その行為(戦い・組手)は恣意的、出鱈目な行為となるだろう。また、戦いにおいて、曖昧な「認知ー判断ー操作」に頼るならば、100戦して、全ての戦いにおいて危うい。一方、「応じ」の認識を有し、「応じ」を極めようとするならば、戦わずして負けない状態に至ることもできるはずである。

 もう一つ、拓心武道とは、相手と対峙し、かつ自己と対峙し、自己を活かし、かつ他を活かす道を目指す「武」の修行である。

 

備考

  • 2022年4月7日:一部修正
  • 2022年6月:一部修正

 

 

■ 修練用語辞典

■ 修練用語辞典

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.