Takushin Budo Method

MENU

序章 IBMA極真会館の理念、他

  • HOME »
  • 序章 IBMA極真会館の理念、他

序章〜IBMA極真会館の空手武道

Print Friendly, PDF & Email
IIBMA極真会館の理念
修練と修道を通じ

無限の可能性をひらき

高い人間性を発揮できる

心を育む

 

 IBMA極真会館増田道場の空手は、「修練」と「修道」を理念の具現化のための二本柱にしています。その修練体系には、作法、伝統技基本、伝統技の応用、組手技基本、組手型、組手などがあります。修道体系の中には心法、空手武道理論などがあります。

 我々は、空手武道修練により、修行者の身体を鍛錬して健康寿命をのばし、心を高めて幸福感を醸成することを目標としています。その際、照らし合わせなければならないことが、武道人としての生き方、考え方です。ゆえに我々は心法、すなわち武道哲学の考究を行います。換言すれば、「心法を極める」ことを目指します。「心法を極める」とは、すなわち人間探求であり、人生哲学の考究でもあります。

 また、心法とは人間としての倫理観や道徳心のみならず、安心感並びに幸福感を醸成するための心学である、といっても良いでしょう。さらに言えば、本道場の切願するところは、一人ひとりの人生を豊かに、かつより良いものとすることに空手武道を役立たせることです。

 もう一つ重要なことは、修練の基本として相手との組手為合い(試合)の修練においては、絶対に勝つことを追及します。しかしながら、単に相手に勝つことによる満足を目的とするのではなく、勝つために何をするのか、を考究し、かつ絶対に負けない自己を作り上げることを目的とすることです。

 いうまでもなく、それを実現することは困難かもしれません。また、大変に厳しく、深い修行が必要になることでしょう。それでも、本道場はそのことをゴール(到達点)とします。そのためにも、より深い修練法として、空手本来の刀剣との対峙を想定する護身術も修練に加えていきます。ただし、その修練は、技術の習得というよりは自己の限界を知り、かつ、それを超越するための訓練でもあります。また不断に油断をせず、危険の予防と危機を回避する心構えを養成することを第一義とします。

 さらに補足すれば、IBMA極真会館増田道場の修練で最も重要なことは、技術・技能の修練を通じ、自他に内在する普遍性を掴み、かつ自己の独自性を引き出し活かす道を体得することです。また、本道場が掲げる武道という概念は、伝統的な思想も継承しますが、基本的に新しいものです。そして、その到達点(ゴール)は、空手愛好者が武道人として、良い自己を確立しつつ他者と共に、平和で和やかな社会の実現に貢献することなのです。そのためにも本道場では、個々人の身体の可能性を拓き、その心を磨き高めていくための修練を行います。

 また、繰り返すようですが、IBMA極真会館の空手武道は、極真空手と拓心武術を融合した新しい武道です。しかし、内実は、古(古流)の武道の道統を継ぐ人間教育としての武道です。本当の武道とはそのようなものだ、と私は思っています。そして人間教育が武道のゴールだと考えるからこそ、時代の変化とともに、必要ならば自らの思想も変えなければならないのです。

 ゆえに私は、現代におけるスポーツを否定して武道を唱えることはしません。新しい武道はスポーツという思想ともクロス(融合)できると考えています。また、本道場の到達目標(ゴール)は、あらゆるものを生かしつつ独自性を育み、現代そして未来に役立つ武道を創設することです。

 さあ「身体を拓き 心を高める」、極真空手と拓心武術(拓心武道メソッド)を内包した極真会館増田道場の空手武道の道を一緒に歩みましょう。

2020年5月

 

 

  • 2021年9月12日一部加筆修正

修練と修道について〜文武一道

 IBMA極真会館空手道は「修練」と「修道」の二軸です。「修練」とは、IBMA極真会館空手道の修練項目の習得を目指す、空手武道の実技稽古のことです。「修道」とは、修練による学び(経験や気づき)をIBMA極真会館空手道の武道理論、武道哲学と照らし合わせながら、自己の認識(考え方)を吟味・検証することです。そのことで、自己の認識を、より高いレベルの認識へと高め、実生活に武道の理法を生かしていきます。つまり、武道修練における学びを自己の生き方に反映させることが修道です。 IBMA極真会館空手道は21世紀の武道人の育成を目指しており、会員、道場生は、「修練」と「修道」の2本柱を意識し、武道人としての教養と人格の向上を目指してください。

◎IBMA極真会館空手道においては、修練と修道は一道(文武一道)です。なお、修道の始まりは、IBMA極真会館の理念、IBMA極真会館空手道の理念、綱領、武道人の行動指針などの実践だと銘記してください。

稽古を始める前に

BMA極真会館増田道場の修練項目図

 

 

 

IIBMA極真会館の理念の解説

修練と修道を通じ

無限の可能性をひらき

高い人間性を発揮できる

心を育む

【解説】

 修練とは、自己の心身を活用し、技を習得し、それを活用する技能を体得することです。また修道とは、修練を通じ、自己のみならず他者を活かすための道理を学び、それを人生に活かすことです。人としての道理を掴み、それを活用することは、人間としての無限の可能性を拡げるはずです。また我々は、自己の可能性の開拓を、利己のみならず、利他に繋がるようにします。それを実践する心が、「良心(良知良能)」であり、それが高い人間性です。

 

  • 理念とは我々団体の活動における根本哲学(価値観)のこと。綱領とは、団体の活動目的、目標のこと。空手道の指針とは、我々団体の修練と修道における目標。我々が武道哲学というのは、IBMA極真会館空手道の修練と修道体系に通底する心法を始め技術概念を含めた価値観・思想のことを言う。

拓心武術の理念

 

武術の修練による

心身錬磨を通じ

天地自然の理法を学び

自他一体の道を

修める

【解説】

拓心武術とは、極真空手の基本を基盤に増田 章がさまざまな武術、格闘技を取り入れ、再編集、体系化を目指す武術修練体系(拓心武道メソッド)のことである。

 

 

IBMA極真会館の綱領(道場運営の目的)

 

我々は空手武道の修行により

身体を拓き心を高め(磨き高め)

自他の和合と共存

幸福と長生を実現する

空手武道の創設を目指す

 

極真精神

頭は低く目は高く 

口慎んで心広く 

孝を原点にして

他を益する

【解説】

極真空手の理念とは、極真空手の創始者、大山倍達が掲げた、極真空手家の目指す精神のことである。

 

極真会館道場訓

大山倍達師範が創設した極真会館、極真空手の道場訓です。道場訓とは、空手道修行の指針、心構えと言っても良いものです。昔は、道場稽古の最後に全員で唱和しました。

 

一、吾々は、心身を錬磨し確固不抜の心技を極めること

ひとつ、われわれは、しんしんをれんましかっこふばつのしんぎをきわめること

一、吾々は、武の神髄を究め機に発し感に敏なること

ひとつ、われわれは、ぶのしんずいをきわめきにはっしかんにびんなること

一、吾々は、質実剛健を以て自己の精神を涵養すること

ひとつ、われわれは、しつじつごうけんをもってじこのせいしんをかんようすること

一、吾々は、礼節を重んじ長上を敬し粗暴の振舞いを慎むこと

ひとつ、われわれは、れいせつをおもんじちょうじょうをけいしそぼうのふるまいをつつしむこと

一、吾々は、神仏を尊び謙譲の美徳を忘れざること

ひとつ、われわれは、しんぶつをとうとびけんじょうのびとくをわすれざること

一、吾々は、知性と体力とを向上させ事に臨んで過たざること

ひとつ、われわれは、ちせいとたいりょくとをこうじょうさせことにのぞんであやまたざること

一、吾々は、生涯の修行を空手の道に通じ極真の道を全うすること

ひとつ、われわれは、しょうがいのしゅぎょうをからてのみちにつうじきょくしんのみちをまっとうすること

(吉川英治監修)

→道場訓(英語版)In English

修錬用語

 

備考

  • 2021/9/3:拓心武道理念→拓心武道精神(拓心武術理念)に変更。
  • 2021/ 9/3:極真空手の理念→極真精神に変更
PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.