Takushin Budo Method

約束組手(一本組手、三本組手)について

  • HOME »
  • 用語辞典 »
  • 約束組手(一本組手、三本組手)について

約束組手について

 「約束組手」とは、伝統的な空手道の稽古法の一種です。内容は、相対した相手の攻撃技(伝統技)に対し、防御技と反撃技(伝統技)で応じるというものです。

 IBMA極真会館増田道場が普及する増田式空手メソッド(拓心武道メソッド)においては、伝統的な空手修練における約束組手は、組手型修練体系として再構築されています。

 また、約束組手とは、組手稽古の前段階で、あらかじめ攻撃技と防御技を限定しておき、その攻撃技を相手に出し(仕掛け)、それを受ける(応じる)ということを連続して行う組手法のことを意味します。また、そのような約束組手を拓心武道メソッドの組手法である「ヒッティング」においては、「ラリー練習」と呼びます。

約束組手についてより詳しく知りたい方は「ラリー練習」のページを参照にしてください。

 

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.