Takushin Budo Method

MENU

外ずらし身受け

ずらし身受け

 

「ずらし身受け」とは旧名「捻り身」のことである。相手の攻撃(主に直突きや前蹴り)を上体を横にずらすようにして避ける防御技である。相手の背中側に上体をずらすものを「外ずらし身受け」、その反対を「内ずらし身受け」とする。

なお、「ずらし身受け」は「そり身受け」「沈身受け」「退き身かわし受け」「潜身受け」など同様、相手の攻撃を身体の部位で受け止めず、躱して受ける防御技である。それらの防御技を併せて「躱し(かわし)受け」と分類することもある。

相手の背中側に躱すことを「外ずらし身」と腹側に躱すことを「内ずらし身」とする。

 

備考
  • 防御技として用いる時は「掛け手」と組み合わせて用いると効果的。

 

 

 

修練用語辞典

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.