Takushin Budo Method

MENU

「応じ技」と「応じ」

【「応じ技」とは】

相手の仕掛けてきた技に対し、防御技を用い、その効力を無力化、または弱体化して攻撃を行う技術のこと。受け返し技ともいう。なお、弱体化とは、相手の攻撃力を直接的に弱めるのみならず、相手の体勢を崩すなど、間接的に攻撃力を弱めることも含まれる。

   拓心武道における「応じ技」とは、相手の攻撃に対し防御技を用いて対応することである。すなわち、相手の技と自己の技との攻防、すなわち自他の戦いは「自他との応じ合い」である。そして相手との戦いは、自己を活かす理法を学び取る契機と考える。よって、拓心武道の組手修練は、他者との対峙を通じ、自己の身心の「認知ー判断ー操作」の能力を高めることを目標とする。

【「応じ」とは】

補足すれば、応じ技の「応じ」とは、自己の心身を用いた「認知ー判断ー操作」による武の行為を意味する。そして、その行為を巧みに行うためには、事前の予測が必要となってくる。言い換えれば、武の行為における、予測が貧困、かつ未熟ならば、その判断と操作も貧困、かつ未熟なものとなるということだ。

つまり、「応じ」とは、その認知力、判断力を高め、磨くために必要な予測力を高めるために必要な認識なのである。もし、戦いにおいて、「応じ」の認識がなく、恣意的、かつ曖昧な「認知ー判断ー操作」によって戦いを行うならば、100戦して、全ての戦いにおいて危うい。一方、「応じ合い」との認識を有し、「応じ」を極めようとするならば、戦わずして負けない状態に至ることもできるはずである。

最後に、相手と対峙し自己と戦う中から、真の自己を見究め、自己を活かし、かつ他を活かす道を目指す「武の修行」が拓心武道である。

 

 

 

 

■ 修練用語辞典

■ 修練用語辞典

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.