Takushin Budo Method

打ち込み稽古

打ち込み稽古

 
 

 ミット、サンドバックや人などを目標にして仕掛け技の技術を磨くことを打ち込み稽古と言います。仕掛け技の打ち込み稽古では、正確性、スピード、威力を高めることを意識しなければなりません。また、打ち込み稽古には、組手型をベースに相手の技をイメージし、相手の攻撃を防御技で防御してから反撃する形(応じる形)で行う、打ち込み稽古もあります。

 どちらの打ち込み稽古も、相手との間合いや位置を正確に認識することや攻撃目標に正確に技を当てる技術を磨くという意識が重要です。

 

 

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.