Takushin Budo Method

MENU

「順掴み」と「逆掴み」

掴み方、順と逆とは

 

 IBMA極真会館空手道・護身術の稽古では、相手が手首等を掴んできたときへの対応技(応じ技)を稽古する。護身術は受け(仕掛手)と取り(応じ手)の二人一組、相対で行う。応じ手(取り)の左手首を仕掛手(受け手)の右手で掴む掴み方を「順掴み」とする。一方、左手で掴み掴み方を「逆掴み」とする。

 〈備考〉

  • 注意すべきは、組手型の稽古では、相手との構え方の種別として「相組み」と「逆組み」があること。また、受け取りの技と技とが最初に交差する時の互いの組み方の種別として、「相組み」と「順組み」があることである。
  •  防御や攻撃の仕方には前脚と同じ側の腕で技を作る時は「順」後脚と同じ側の腕で技を作る時は「逆」とする点と混同しないこと。

修練用語辞典

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.