Takushin Budo Method

「相組み」と「逆組み」

相手との組み方、「相組み」と「逆組み」について

 

 組手型の稽古では、仕掛手が左自然体組手立ち、応じ手が左自然体組手立ちが基本形だが、そのように相手と同じ立ち方で構えるのを「相組み」という(相撲でいう相四つをイメージすれば良い)。一方、仕掛手が左自然体組手立ち、応じ手が右自然体組手立ち、また、仕掛手が右自然体組手立ち、応じ手が左自然体組手立ちで構えるのを「逆組み」という(相撲でいうケンカ四つをイメージすれば良い)。

〈備考〉 

  • 受け取りの技と技とが最初に交差する時の互いの組み方も同様に、「相組み」なのか「逆組み」なのかを覚えておくこと。
  • 防御や攻撃の仕方には前脚と同じ側の腕で技を作る時は「順」後脚と同じ側の腕で技を作る時は「逆」とする点と混同しないこと。また、護身術の稽古の際、掴みに対する応じ技を稽古する場合は、掴み方の「順」と「逆」があるので、修練用語を確認しておくこと。
PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.