Takushin Budo Method

MENU

前屈立ち・中段追い突きの修錬ポイント

前屈立ち・中段追い突きの修練ポイント

  • 前屈立ちによる追い突き(順突き)は空手の伝統技の中でも、最も重要と言っても良い技です。
  • この技は前屈立ち・中段追い突きの稽古法の映像です。道場稽古では、3本移動稽古として行うことが基本形です。※前3本移動稽古は、まず前に3回前進移動しながら技を繰り出します(空蹴り・空突き)。そして、3回目の技を出した後は、方向を変え(転身)ます。転身後は初めの3本と同様に、前に3回移動しながら技を繰り出します。※この前3本移動稽古は、伝統的稽古法の一つです。
  • 前移動は、移動するエネルギーを直突きに活用できるよう、身体の使い方を体得することが移動技の稽古の目標です。移動突きは間合いを詰めるためのみならず、移動するエネルギーを突きに活用する技だと考えてください。
  • 前屈立ちの前移動の際、けり足を使うのではなく、体重移動を上手に行ってください。

 

動きを映像で見る

 

審査合格のポイント

  • 立ち方(前屈立ち)が正しくないと減点されます。
  • 前に出る際、重心の上下動が大きいと減点されます。
  • 前に移動する際、右足線、左足線、中心線の3つの方向線(演武線)に足がないと減点されます。
  • 前足のつま先が、過剰に内側に向いていたり、外側に向いていたりしていた場合、減点されます。
  • 前へ前進するスピードが遅いと減点されます。スピードは、早歩きぐらいのスピードを参考にしてください。
  • 前進するとき、上体(体軸)が左右にぶれすぎると、減点されます。
  • 前足の指先は、ほんの少しだけ内側を向けますが、ほぼ正面に向けるのが基本です(脚や骨盤の形態など、個体差によって異なります)。
  • 後ろ足の踵が浮いていると、減点されます。後足は、足裏全体を床につけ、真っ直ぐ張るようにして伸ばすようにしてください。
  • 後ろ脚を突くと同時に伸ばします。曲がりすぎていると減点されます。※突いた瞬間、後ろ脚の内側広筋に力を入れるようにします。
  • 突き終わった時には、下半身を安定させ、下半身と上半身、そして移動の力が腕にしっかりと伝わっていなければ、力強さなどの項目により、減点されます。
その他のポイント
  • 前足のつま先の向きは正面に。
  • 後ろ脚(後ろ脚を伸ばす、つま先が45度。足裏を浮かさない)。
  • 立ち方(前足と後足の横の幅と縦の幅が正しいか?)。
  • 移動の仕方(体重移動の仕方)。
  • 3つの方向線(演武線に足があるか)。

 

 

備考

修練用語解説
  1. 3つの方向線(演武線)
  2. 転身
  3. 前3本移動
更新記録
  • ※映像は完全ではありません。あくまで基本的なイメージですので、更新する予定です。
  • 2018-2-26:一部修正しました。
  • 2020-10-4:映像および解説を更新しました。

第1章 基本伝統技

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.