Takushin Budo Method

第2章 基本組手技

  • HOME »
  • 第2章 基本組手技

基本組手技とは?

 基本組手技とは、TS方式の組手法、並びに極真方式の技の試し合い(組手)で使われる技です。本道場の修練では、基本技術の習得を基盤にその技術を応用し、かつ活用するための稽古を行います。その活用のための稽古の一環が組手修練です。

 基本組手技とは、組手修練を行い、技術の応用ととしての組手を学ぶために、必要な技術です。なお、本道場の組手修練は、拓心武道メソッドに則ったTS方式で行います。拓心武道メソッドでは、基本技術を徹底的に掘り下げるために、その応用を実践、検証していきます。そのような修練により、技の本質を見極め、技能を体得できるのです。

 

 

 

TS方式の組手法とは

 本道場の組手技及び組手の修練は拓心武道メソッドの一環である、TS方式の組手法で行います。TS方式の試合法は、ヒッティング方式試合法とも言います。ヒッティング方式の組手法には、手技による頭部打撃を禁止する「TSベーシック方式」」と禁止しない「TSアドバンス方式(ヒッティング方式)があります。

 本道場では、初・中級者には「TSベーシック方式」から修練してもらい、慣れてきたらTSアドバンス方式(ヒッティング方式)に移行します。ただし、断っておきますが、試合の修練には、勝負法の修練を含みます。しかしながら、本道場における勝負法は、単に試合に勝つことのみを目指すものではありません。むしろ、負けることで、勝負の理法や技と身体のより良い活用法を学ぶためにあります。

なお、組手技の中には伝統技のエッセンスも融合し、伝統技を組手で使えるようにした組手技もあります。その中には、護身術として有効なものも数多くあります。ゆえに、通常の基本技の稽古では、伝統技と組手技を分けて行いますが、組手型(組形)の稽古ではそれらの技を融合し、全てを一つとして、臨機応変に用います。

 最後に「組手技」とは、増田 章が空手の本質である武術性を再考しつつ、様々な武術、格闘技等のの研究から取り入れ、増田式空手メソッド(拓心武道メソッド)として編纂したものです。なお、増田式空手メソッド(拓心武道メソッド)とは、空手技を競技ルールの中だけのものではなく、現代の武術・護身術として進化させる目的も含んでいます。

 

基本技術と応用技術とは

 IBMA極真会館空手道の修練体系には修練項目として様々な技術や稽古法などが盛り込まれています。その修練項目は大きく分けて①「修練理念」及び「作法」、そして「理論」、②「基本技術」③「応用技術」などに分けられます。

 初級の段階では、主に①と②の修練を行います。そして中級以上となってから③の応用技術の修練を始めます。大体、そのようなイメージを持っていただいて結構です。では、ここでいう「基本技術」と「応用技術」とは何でしょうか?

 簡単に言えば、極真会館増田道場の修練の基本は型稽古に始まり型稽古に終わると言っても過言ではありません。ただし、本道場でいう型稽古とは、他の道場でいうところの型稽古とは若干意味が異なります。本道場では、基本技稽古も伝統型の稽古も、型稽古の一環です。

 その意味は、基本技も伝統型も定められた形木に沿って、技の形(型)と使い方を正確に習得することが大事だからです。ゆえに基本技術の修練は身体を大きく使い、技も大きく覚えるようにします。そして応用技術の修練の段階では、身体をより小さく使い、技を活用することを心がけます。

 おそらく、個体の活用の違いによって、個々人で相違点はあるでしょう。しかしながら、まずは決められた形(型)を真似て、技を習得します。それが極真会館増田道場の空手武道です。その目的は、身体を正しく操作することを考究するためです。繰り返しますが、身体を正しく操作し、基本技術を表演できることを目指す稽古が基本稽古です。

 次に、基本稽古によって習得した基本技術を、応用して臨機応変に使えるようになることを目指すために、組手修練と応用組手型の修練を行います組手稽古では、個性を活かすようにすることも必要になってきます。また、基本技術の応用形を学びつつ、技を運用するための原理原則を学んでいきます。

基本伝統技と基本組手技

 なお、基本技術の修練項目の中には「基本伝統技」と「基本組手技」の2つがあります。本章では「基本組手技」について解説します。基本組手技には基本伝統技と同様、「その場組手技」と「移動組手技」があります。さらに「突き技」「蹴り技」「連係技」「防御技」「投げ技」などに分けられます。また、稽古形態にはその場稽古と移動稽古、打ち込み稽古などがあります。

会員道場生の方へ
  • 昇級審査合格のため〜デジタル教本による学習法のページを参考にしてください。
  • 技の詳細は本デジタル空手武道教本で学習してください。道場で指導員に聞くのも良いでしょう。
  • 黒帯ならびに指導員は、技の名称、修錬体系を理解してください。

 

基本技と稽古法について

 

基本組手技・修錬項目一覧

種別

技名

稽古形態

備考

単技

直突き(上/上中段/中段)

その場移動

 

単技

下突き(上/中段)

その場移動

 

単技

上段カギ突き(上段)

その場移動

 

単技

上段肘正面打ち

その場移動

 

単技

上段肘挙げ打ち

その場移動

 

単技

逆上段回し蹴り

前三本移動

 

単技

逆上段回し蹴り込み

前三本移動

 

単技

順上段回し蹴り

前三本移動

 

単技

切り替え足×順上段廻し蹴り込み

前三本移動

 

単技

逆前蹴り(中段/上段/下段)

前三本移動

 

単技

順前蹴り(中段/上段/下段)

前三本移動

 

単技

逆中段回し蹴り込み

前三本移動

 

単技

順中段回し蹴り込み

前三本移動

 

単技

後ろ回し蹴り

前三本移動

 

単技

切り替え足・順中段回し蹴り込み

前三本移動

 

単技

切り替え足×順上段回し蹴り込み

前三本移動

 

単技

順下段回し蹴り込み(後外下段)

前三本移動

 

単技

逆ひざ蹴り(中段/上段)

前三本移動

 

単技

順ひざ蹴り(中段/上段)

前三本移動

 

単技

裏回し蹴り

前三本移動

 

単技

逆上段掛け蹴り

前三本移動

 

連係技

順逆直突き(ワンツー/連係技)

前三本移動

 

連係技

上段直突き×中段下突き(連係技)

その場移動

 

連係技

順逆直突き×順中段下突き(連係技)

その場移動

 

連係技

順逆直突き×順上段カギ突き(連係技)

その場移動

 

連係技

逆下段段回し蹴り×逆上段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

連係技

順下段段回し蹴り×順上段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

連係技

順逆直突き×逆上段回し蹴り込み(連係技)

前後三本移動

 

連係技

順逆上段直突き×切り替え足・順上段回し蹴り込み(連係技)

その場移動/前後三本移動

 

連係技

順逆直突き×切り替え足・順中段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

連係技

順逆直突き×順中段下突き×逆上段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

連係技

順逆直突き×順中段下突き×切り替え足・順上段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

連係技

逆上段押さえ突き×逆上段回し蹴り込み(連係技)

前三本移動

 

 

 

鍛錬組手技稽古

鍛錬組手技

稽古形態

テキスト形態

順中段下突き

その場移動

 

順上段直突き

その場・前後移動

 

逆上段直突き

その場移動

 

逆上段回し蹴り2本連続

前後三本移動

 

逆上段回し蹴り3本連続

前後三本移動

 

順上段回し蹴り2本連続

前後三本移動

 

順上段回し蹴り3本連続

前後三本移動

 

回転逆後ろ回し蹴り2本連続

前後三本移動

 

回転逆後ろ回し蹴り2本連続

前後三本移動

 

修練用語を用語辞典で学習してください。

第2章 基本組手技

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.