Takushin Budo Method

組手防御技について

本ページは制作の途中です。

 

 拓心武道メソッドにおける組手技基本には、組手攻撃技と組手防御技があります。

 拓心武道メソッドにおける組手防御技には「拳底払い落とし受け」「掌底払い落とし受け」「拳底受け」「肘内受け」「肘外受け」「下段スネ受け」「中段スネ受け」「小手受け」「小手受け下段払い」「下段払い受け」「退き身かわし受け」「そり身かわし受け」「内ずらし身かわし受け」「外ずらし身かわし受け」「沈身潜り身受け」「沈身受け」他、の組手防御技を入り身や退き身など足さばきと組み合わせた防御法があります。

防御技は単体で使うのではなく、攻撃技(反撃技)と組み合わせて使うことがほとんどです。そのような防御技と攻撃技を組み合わせた技を応じ技とも言いますが、拓心武道メソッドでは、「応じ」という組手理法で伝えます。

第2章 基本組手技

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.