身体を拓き心を高める〜拓心武道

MENU

第4章 組手型

  • HOME »
  • 第4章 組手型

組手型と拓心武術について

 組手型はTS方式の組手修練において、基本技術をいかに使うかの原理原則が示されています。言語で言えば、基本技術が言葉を学ぶこと。組手型は文法を学ぶようなものです。そして、組手とは文法によって言葉を生かし、組手に意味を育むものと言っても良いでしょう。拓心武道の拓心とは武技を用いた組手を通じ、意味を育むための原理原則を学び、さら武技の活用、生かし合いを通じ、自己を活かす道(理法)と出会っていくことです。さらに自己を活かすのみならず他も活かすという心(感性)を育むことを意味します。言い換えれば、拓心武道における組手は、自己を生かし他者を活かす道を知るための修行です。

空手武道の〈技術の研鑽〉と〈理法の会得〉

 組手型(形)とは、IBMA極真会館増田道場における空手武道の修練方法に含まれる拓心武術(拓心武道メソッド)の一環です。極真会館増田道場では極真空手の基本のみならず、拓心武術の修練を行っています。拓心武道メソッドとは、拓心武術の組手型と組手稽古を併行して行う修練方法です。また組手型とは、拓心武術の理論の柱となる、「応じ」の理論の修練でもあります。

 拓心武術における「応じ」とは、「受け返し」ということもありますが、厳密には他の人たちが用いる理論とは異なるものです。また「応じ技」とは「防御技×攻撃技」のことです。ただし、×(クロス・融合)と表現することの意味は、単に防御と攻撃を組み合わせることではありません。防御技と攻撃技を融合させ、最上級に生かすことです。言い換えれば、個々の創造性を発揮することです。拓心武術における「応じ」とは、武技による攻防の裏に働く、創造性を喚起させ、それを生かすことを目標としています。ゆえに、相対的な勝負を目的としません。目的とするのは絶対的な勝利です。

 

拓心武術は武術修練の体系であると同時に武道哲学です。その内容については以下の書籍が参考になります。

 

組手型と約束組手の違いについて、他

  1. 組手型はTS方式の組手修練において、基本技術をいかに使うかの原理原則が示されています。言語で言えば、基本技術が言葉を学ぶこと。組手型は文法を学ぶようなものです。そして、組手とは文法によって言葉を生かし、組手に意味を育むものと言っても良いでしょう。拓心武道の拓心とは武技を用いた組手を通じ、意味を育むための原理原則を学ぶことを目指しています。また、武技を用いるための原理を活用することで、組手に意味を生み出します。その意味は、自己を生かすと同時に他者を生かします。
  2. 道場稽古では「組手型」の修練に関連して、「約束組手」という稽古法があります。極真会館増田道場における「約束組手」は組手型を基盤にしていますが、「作法」を省略し、「応じ」の稽古の反復回数と「読み取り力」を重視した修練法です。→TS方式組手法について
  3. 組手型の中には、極真空手の創始者、大山倍逹先生の著書である「秘伝・極真空手」「続・秘伝・極真空手」に残された極真空手の伝統技を増田が分析したものも含まれています。IBMA極真会館増田道場では、組手型の修練により、極真空手の奥伝を研究、継承しつつ、さらに武道空手として発展させていきます。
  4. 必修組手型の他に応用組手型、また基本組手形と言う種類があります。型と形と名称が2種類あるには意味があります。基本的に同じものですが、分類上名称を分けているだけです。

2022・4・14:修正

必修組手型について

  • 必修組手型とは、TS方式の組手法(試合修練)を行うために必要な攻撃技活用と防御技×攻撃技の原理と原則を習得するためのものです。組手型の修練と試合修練は車の両輪の如く、武術修練に必要な要素です
  • 表(おもて)と裏(うら)の表記について→修練用語辞典
  • 必修組手型を学ぶためのページ

 

組手型の稽古を始める前に必ず理解すること

  • 組手型の名称の読み取り方にはルールがあります。ルールを覚えれば、組手型の内容がすぐにわかります。→組手型の名称の読み取り方
  • 組手型には作法があり、作法を先ず覚えると理解しやすいです。作法には礼法と間合いの原則、また十字礼(礼と書いていますが礼法というより開始合図のようなものです)などの作法です。
  • 組手型の修練は、攻撃技、防御技、運足法などの基本技術を正確に習得していなければ、効果は半減します。組手型の修練は仕掛け手(受け)と応じ手(取り)の基本技術のレベルが高いほど効果があります。ゆえに基本技術のレベルの低い者と組手型稽古を行う場合は、低い者のレベルを理解し、かつ不足分を補いながら行うことが肝要です。

    極真会館増田道場の修練体系

     

 

 

拓心武道メソッドによる修練効果〜心身の地平をより善く開拓する 

 

 拓心武道メソッドによる修練の効果について大まかに述べておきます。まず、拓心武術を基盤とする「拓心武道メソッド」の修練においては、まず「技術の研鑽」と技術活用のための「技能の習得」を目標としますその目標に到達するために、TS方式の組手修練を行います。TS方式の組手修練は、防具を活用した「顔面突きの攻防あり」の組手法です。また、技術活用の原理原則を学ぶための「組手型」の修練を併用して行うことで、空手経験のない人に対しても、従来の倍以上のスピードで上達することが可能となるはずです。

 おそらく、未経験者は「顔面突きの攻防あり」の組手修練は怖い、難しいと思われると思います。しかしながら、安心して下さい。拓心武術(拓心武道メソッド)の修練体系に沿って組手修練を行えば、思ったよりも難しくないことがわかると思います。また、その奥深さ、楽しさを実感するでしょう。ただし、この実感は拓心武術の修練体系があってのことです。ただ、闇雲に顔面を撃ち合えば良いと言うものでは決してありません。補足を加えれば、拓心武術の修練方法は、単純に力に頼るような強引な修練法ではありません。

 拓心武術の修練は、技術・技能の上達の原理の体得を第1義とし、さらに対人稽古・為合い(しあい)稽古において、理法の会得を目指します。さらに、武術の修練を通じ、一人ひとりの身体の可能性を開拓し、心の機能を高めていくことを目的としています。

 最後に、拓心武術(拓心武道メソッド)の修練は柔軟な感覚をもつ子供達には、感性教育として有意義となると思います。また、柔軟性を喪失しつつあるシニア世代の方々の心身ならびに感性を取り戻す修練(機能回復・リハビリ)となると思っています。

 

 

心眼を開く(拓心武術についての補足)〜参考資料

 拓心武術とは、極真空手の基本を基盤に、増田章が各種格闘技、武術を融合、再編集した武道修練体系のことです。ただし、その修練体系は未完成です。今後も、研究を続け、修練体系を更新し続けていきます。

 拓心武術の中には、現在の極真空手人が遺棄した、また理解していない極真空手の伝統的な技を再生するかのような技術も含まれています。つまり、拓心武術は古伝・極真空手を活かすものでもあるのです。その意義は、武道や武術本来の実用性の再生です。いうまでもなく、基本的にスポーツは良いものです。しかしながら、そのスポーツを否定し、自分達の行なっていることはスポーツではなく武道だ、と言い張る人達の中には滑稽なものが少なくありません。一方、中には信念を持って自己の独自性を保全している人達もいます。そのような人達には敬意を持っています。しかしながら、前者の人達の行っていることが、武人の思想が高次化していくために必要な「機を捉える」また「技の精緻さ」といった軸が無くなっているからです。あるのは力で圧倒するというということ、そして自分達の決めた勝者をアバター(力の化身)にして、不毛な力の競い合いをしているだけにしかみえません。

 拓心武術の修練で私が目指す力は、そんな不毛な力やその力を背景にした相対的な強さではありません。私が拓心武術に込めた力は、もっと根源的な力、また創造的な力なのです。私は、全ての人が、創造的な力を有していると信じています。また我々人間は、創造的な力を原動力にしているからこそ、その思想を高次化してきたのです。重要なのは、絶えず高次化(更新)を続けなければならないということです。なぜなら、人間に完成はないからです。しかし「完成はしなくとも完成を目指して更新を行い続けることこそが、より本質的な完成した人間の在り方だ」と私は考えています。

 補足を加えれば、拓心武術は競技が内包するスポーツ性を良くないものだとは考えません。確かにスポーツと武道には異なる面があります。しかし、心の眼を開いてみれば、本来的にスポーツも武道も人間が有する普遍性の部分で親和性を有し、かつ融合しやすい特性があるのです。ゆえに融合していくことが自然な流れなのです。そのように私は考えていますが、現時点では拓心武術の目指す方向性は、スポーツとは一線を画さなければなりません。なぜなら、修練目的が武術の実用性を目指すことのみならず、日本武道が到達した、自然と一体化を目指す感覚、また自他一体化を目指す思想を取り戻さなければならないからです。

 繰り返しますが、拓心武術は相対的な強さを軸とし、かつ、それを目指すのではありません。目指すことは、絶対的な軸、かつ、強さを獲得する道としての修行だからです。ゆえに組手稽古や組手試合を皮相的な勝敗を決する手段にはしません。目標は「自己を生かす道の会得」です。しかし、その道は肉眼で見るものではなく、心の眼で見るものです。換言すれば、全身で感じ、かつ、イメージされるものかもしれません。つまり、私のいう道とは言葉に置き換えることのできないものです。それでも、心眼というものがあるということを信じ修行するならば、それを感じ取ることができると思っています。

 拓心武術の修練によって会得を目指す原理原則や理法も頭では理解したと思っても実際に生かすことができなければ駄目です。また、言葉で伝えようとしても限界があります。原理原則、そして理法を生かすには、個々の身体を用いた体験の中で会得していかなければならないのです。ゆえに本来、拓心武術の稽古及び修練は修行です。

 修行の心得で重要なことは、頭で認識し、目で判断するものを信じることではありません。全身で認知し、認識することです。この全身ということが重要です。ここでいう全身とは、現在のみならず、過去も未来にも繋がっていると考えています。
私は心眼を意識し、相対的な勝負を超越した、絶対的な勝利の境地を目指していきます。また、私は全ての人間の心眼が開いたなら、必ず生かしあえると考えています。問題は、心眼は容易に開かないということです。かくいう私の心眼は開いているのか?開いていないかもしれません。もし、そうだとしても、自己のみならず他を生かすための方法を探求し、創造し続けます。また、その修行の過程において心眼が開くものと信じています。(増田 章) 
 

 

 

 

第4章 組手型

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.