Takushin Budo Method

MENU

第4章 組手型

  • HOME »
  • 第4章 組手型

組手型と拓心武術について

 

空手武道の〈技術の研鑽〉と〈理法の体得〉

 組手型(形)とは、IBMA極真会館増田道場における空手武道の修練方法に含まれる拓心武術(拓心武道メソッド)の一環です。極真会館増田道場では極真空手の基本のみならず、拓心武術の修練を行っています。拓心武道メソッドとは、拓心武術の組手型と組手稽古を併行して行う修練方法です。また組手型とは、拓心武術の理論の柱となる、「応じ」の理論の修練でもあります。拓心武術における「応じ」とは「受け返し」とも言いますが、厳密には他の人たちが用いる理論とは異なるものです。「応じ」とは「防御×攻撃技」のことです。しかしながら、単純な防御ではなく、また攻撃ではありません。他者からの働きかけにより善く対応する道を求める修行といっても良いものです。

組手型と約束組手の違いについて、他

  • 道場稽古では「約束組手」という稽古法があります。極真会館増田道場における「約束組手」は組手型を基盤にしていますが、「作法」を省略し、技の反復回数を重視した稽古法です。ただし反復回数を重視する、と言っても組手型に含まれる作法の心(意義)を忘れずに稽古しなければなりません。
  • 拓心武道の組手法(TS方式組手法)
  • 組手型の中には、極真空手の創始者、大山倍逹先生の著書である「秘伝・極真空手」「続・秘伝・極真空手」に残された極真空手の伝統技を増田が分析したものも含まれています。IBMA極真会館増田道場では、組手型の修練により、極真空手の奥伝を研究、継承しつつ、さらに武道空手として発展させていきます。
  • 必修組手型の他に応用組手型、また基本組手形と言う種類があります。型と形と名称が2種類あるには意味があります。基本的に同じものですが、分類上名称を分けているだけです。

 

必修組手型について

  • 1級までに必ず習得しなければなならない組手型です。有段者は、さらに応用組手型も習得してください。応用組手型は100種以上あります。
  • テキストへのリンクは更新中です。もうしばらくお待ちください。
  • 表(おもて)と裏(うら)の表記について→修練用語辞典

 

組手型の稽古を始める前に必ず理解すること

  • 組手型の名称の読み取り方にはルールがあります。ルールを覚えれば、組手型の内容がすぐにわかります。→組手型の名称の読み取り方

必修組手型一覧表

組手型の種別

主な防御技

組手型の名称

対連係技

退きそり身拳底受け

1・上段直突き(順・逆)に対し「退き反身拳底受け×上段直突き」

対上段回し蹴り

小手受け・下段払い

2・上段回し蹴り(順・逆)に対し「退き身・小手受け下段払い×上段直突き(おもて)」

対上段回し蹴り

小手受け・下段払い

3・上段回し蹴り(順・逆)に対し「退き身・小手受け下段払い×上段直突き(うら)」

対上段カギ突き

肘外受け

4・上段カギ突き(順・逆)に対し「退き身・肘外受け×上段直突き」

対上段カギ突き

肘内受け

5・逆上段直突きに対し「退き身・肘内受け×逆下段回し蹴り」

対上段直突き

肘内受け

6・上段直突き(順・逆)に対し「入り身・肘内受け×上段短直突き」

対上段直突き

拳底受け

7・順逆上段直突きに対し「退き身・拳底肘受け×順中段回し蹴り」

対上段直突き

拳底受け

8・順上段直突きに対し「退き身・拳底受け×逆下段回し蹴り」

対中段直突き

拳底受け

9・順上段直突きに対し「退き身・拳底受け×順上段回し蹴り」

対中段前蹴り

下段払い受け

10・中段直突き(順・逆)に対し「退き身・下段払い受け×上段直突き(うら)」

対中段前蹴り

下段払い受け

11・中段前蹴り(順・逆)に対し「退き身・下段払い受け×上段直突き(おもて)」

対中段直突き

下段払い受け

12・中段前蹴り(順・逆)に対し「退き身・下段払い受け×上段直突き(うら)」

対中段直突き

下段払い受け

13・中段直突き(順・逆)に対し「退き身・下段払い受け×上段直突き(おもて)」

対中段回し蹴り

すね受け(中段)

14・中段回し蹴り(順・逆)対し「中段スネ受け×逆上段直突き」

対下段回し蹴り

すね受け(下段)

15・下段回し蹴り(前内・前外)に対し「下段スネ受け×順上段直突き」

対下段回し蹴り

すね受け(下段)

16・下段回し蹴り(後外・後内)に対し「下段スネ受け×逆上段直突き」

その他

運足法

17・運足の型 

 

 

 

理法の体得〜拓心武術についての補足

 なお、拓心武術は、極真空手の基本を基盤に、増田章が各種格闘技を研究し、それらの技術と極真空手を融合、再編集し、体系化を目指すものです。また、拓心武術の中には、現在、喪失した極真空手の伝統的な技や伝統的な型(伝統型)に含まれる技の活用法も含まれています。ゆえに、拓心武術は極真空手の技術のルーツを探究するものでもあります。その核心は、技術の原理を探求し、それらを、さらにより善く活かしていくことです。

 我々は、技を作るのみならず、その活かし方(活用法)を学んでいきます。言い換えれば、「技術の研鑽」と「理法の体得」が修練の核です。そのためには、組手稽古や組手試合を皮相的な勝敗の手段とせず、真の勝利の獲得をゴールとします。真の勝利とは、「自分を活かす」ことです。

 拓心武道とは、極真空手と拓心武術を活かし、武道人としての人格を作り上げて行くことです。

心身の地平をより善く開拓する 

 なお 拓心武術(拓心武道メソッド)とは、「技術の研鑽」と技術活用のための「技能の習得」を目指しますその目標に到達するために、極真空手の基本伝統技の修練に併せて、拓心武術の組手修練を行います。拓心武術の組手修練は、防具を活用した「顔面突きの攻防あり」の組手法です。また、組手型(形)の修練を併用して行うことで、空手経験のない人に対しても、従来の倍以上のスピードで上達することが可能となるはずです。

 おそらく、未経験者は「顔面突きの攻防あり」の組手修練は怖い、難しいと思われると思います。しかしながら、安心して下さい。拓心武術(拓心武道メソッド)の修練体系に沿って組手修練を行えば、思ったよりも難しくないことがわかると思います。また、その奥深さ、楽しさを実感するでしょう。ただし、この実感は拓心武術の修練体系があってのことです。ただ、闇雲に顔面を撃ち合えば良いと言うものでは決してありません。補足を加えれば、拓心武術の修練方法は、単純に力に頼るような強引な修練法ではありません。

 拓心武術の修練は、技術・技能の上達の原理を体得することを第1義とし、さらに対人稽古・為し合い稽古の理法を体得することが眼目です。また、武術の修練を通じ、一人ひとりの心身の地平をより善く開拓することを目的としています。

 最後に、拓心武術の修練は柔軟な感覚をもつ子供達には、有意義な心身の感性教育となるはずです。また、柔軟性を喪失しつつあるシニア世代の方々の心身ならびに感性を取り戻す修練(機能回復・リハビリ)となると思っています。

 

拓心武道メソッドとは何か?

 

 拓心武道メソッドに関しては別のページのその内容を伝えていきますが、本道場では、伝統的な極真空手を単に保存するのみならず、より高めて次世代に伝えたいと考えています。本道場の道場生の皆さんは、組手型の余りの多さにに戸惑うかもしれません。しかし、それこそが拓心武道メソッドの眼目なのです。

 拓心武道メソッドの眼目とは、組手型(形)の修練に一貫している「原理の体得」です。多くの型を修錬しつつ体得することは、原理と理法が繋がっているということです。そのことを知ることが、技術を自由自在に用いる技能を体得することに繋がります。しかしながら「原理の体得」「理法の体得」には、組手型の上っ面を覚えるだけでは、組手型に内在する原理を体得することができないと思います。組手型の稽古の意義を組手稽古を行なって、初めて組手型に内在する原理、そして理法を理解できるのです。

 皆さんは多くの組手型(形)を覚えることは困難だと思われるかもしれません。しかし、人が言葉を覚え、それを活用するように、組手型は少しづつ稽古すれば、誰でも覚えることが可能だと考えます。ただし、組手型の全てを学ぶには、本道場が主催する講習会や合宿などで、集中稽古をする方が良いでしょう。ある程度の時間と熱度を与えないと、心身に入っていかないからです。

 是非、IBMA極真会館増田道場において拓心武道メソッドを楽しんでください。拓心武道は極真空手の原点に立ち戻り、かつ武道の原点に立ち戻ります。そして未来に向けた武道の創出を目指しています。私の考える武道とは、修練者の一人ひとりのアイデンティテーに武道人としての矜持をもたらすと思っています。

 

第4章 組手型

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.