Takushin Budo Method

MENU

第7章 増田道場・護身術 (更新)

  • HOME »
  • 第7章 増田道場・護身術 (更新)

増田道場・護身術

  極真会館増田道場の修練体系には護身術(逆技・短刀取り、他)が組み込まれています。TS方式の組手法の採用とともに護身術は必須の修練項目となります。黒帯習得までは、合宿や講習会で指導する予定ですが、有段者には必修項目となりますので、自習しておいてください。

 本ページはさらに詳細な技の説明や、多様な技術を掲載していく予定です。現在、最も基本的な護身術・護身技のみの掲載ですが、準備が整い次第、ページを追加していきます。また、極真会館増田道場の有段者には護身術の習得の指導を行います。まずは予習をしておいてください。ただし、くれぐれも逆技の稽古は力任せにならないよう、「手ほどき」から少しづつ、ゆっくりと、丁寧に行ってください。なお、難しい技は講習会を受けてから稽古するようにしてください。怪我につながります。

 

護身術と護身技について

「護身術」とは通常の組手修練においては禁じてとしている、逆技や頸部への手刀打ち、また肘を使った攻撃、そして危険な投げ技などを使った「応じ技」のことです。拓心武術では、「護身術」も「応じ技」の一種として組手型修練で学びます。また、拓心武術の護身術には、普段稽古している突き技や蹴り技も組み合わせて用いるものもあります。そのような技は古流武術では「当身」と言われたものと同様です。ただし、古流武術の当身よりも強力かつ柔軟に進化させています。また、拓心武術では、徒手の組手技の転用として小武器を使う技を想定しています。そのような技・応じ技(護身術)は相手を怪我させることもあります。しかし、護身術を用いる状況は、そのような「応じ」がやむを得ない状況を想定しています。

◎本道場は、基本の組手技と組手型、そして組手修練をある程度積んだ人には、護身技を使った護身術を指導していきます(2022年から)。補足しますと、極真空手の基本の手技のほとんどは護身技です。拓心武術の組手型修練は極真空手の基本の活用法を伝える役割も担っています。

 

増田道場・護身術のページは、今後も追加していきます。

  • 本章は、今後も内容を増やしていきます。また、更新します。一度見たページも内容が更新されることがあります。
  • 本章では技に逆技、投げ技、などが含まれる組手型を学ぶことができます。
  • 本章は護身術としての空手技術を学習します。
  • 極真会館増田道場・基本護身術のページ

 

拓心武術の構え(心構え)について

  • 武術における構えとは、畢竟、「心構え」のことです。構えは、その心構えを無駄なく表すものでなければなりません(拓心武術の戦闘理論)
  • 拓心武術の修練は技を限定した組手法の以外の組手(仕合)も想定していますので、構え方が数種あります。どの構えも、その状況とその目的(ゴール)への到達に最適な道を意識した構えです。以下の動画を掲載しておきます。

 

 

 

 

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.