Takushin Budo Method

第5章 組手法

  • HOME »
  • 第5章 組手法

拓心武道メソッドについて

本ページは改訂途中です。しばらくお待ちください。

 極真会館増田道場の組手修練を増田章が考案した拓心武道メソッドに則って行います。

 拓心武道メソッドとは、増田章が長い間の研究により考案した武道修練法といっても良いものです。ただし、拓心武道に完成はありません。なぜなら、拓心武道とは、絶えず基本を見直し、それを活かし続ける道だからです。

 初心忘るべからず

 その道を一言で言い表せば、「初心忘るべからず」に尽きます。「初心忘るべからず」は世阿弥という「能」の名人が残した言葉です。拓心武道も、その時々の「初心」を忘れずに自己を開拓し、活かし続けます。そして、見事な技、そして、あらゆることに対応する芸(技能)を体得していくのです。ゆえに拓心武道メソッドは、今後も本道場の門下生の成長と育成のために研究を続け、それをまとめ上げなければなりません。ゆえに終わりはありません。

 

本道場の組手修練

 現在、本道場の組手修練は、その拓心武道メソッドの一環である、TS方式の組手修練を採用しています。なお、本道場では極真方式の組手法をTS方式と併立して行っていくつもりですが、現在はTS方式の研究のために、TS方式を中心にしています。今後、TS方式が浸透したならば、伝統的な極真方式を発展させるために行うことはあると思います。ただし、それを行う者は有段者となると思います。初心者には、TS方式を推奨します。

 

 

TS方式組手法について

 以下、「組手形(型)について」から抜粋

身体をく を高める

【空手武道の技術研鑽と理法体得】

 組手形(型)とは、IBMA極真会館増田道場における空手武道の修練方法に含まれる拓心武道メソッド(増田式空手メソッド)の一環です。拓心武道メソッドとは、武術の修練を手段に身体の可能性を開き、心を高める修練法のことであり、また増田 章が追求する武道でもあります。その修練は組手形(型)稽古と組手稽古を両輪としています。

 

 拓心武道における組手形(型)とは、増田章が各種格闘技を研究し編集した、組手技の活用法を学ぶためのものです。また、現在は行われていない極真空手の「伝統的な技」や伝統的な型(伝統型)に含まれる技の活用法を学ぶことも含まれています。技の活用法を学ぶとは、組手形と拓心武道の組手法(TS方式組手法)と併せた修練による、「技術研鑽」と「理法体得」のことです。

 その「技術研鑽」と「理法体得」の修練において重要なことは、組手稽古や組手試合を皮相的な勝敗の手段としないことです。拓心武道における組手試合は、試合勝負の裏側にある、技術と理法の関係性を学ぶためのものです。つまり、拓心武道とは、組手形(型)と組手試合を併行させた修練により、技と術の原理と理法の体得が目標とすることであり、かつ「道」を求めることなのです。

【個々人の心身の地平をより善く開拓する】

 拓心武道メソッド(増田式空手武道メソッド)は、組手形(型)の稽古と併せ、TS方式の組手法(ヒッティング方式組手法)を併行して行います。そのことにより、技の体得のための「技術研鑽」と技術活用のための「技能習得」を目指します。極真会館増田道場の稽古法は、極真空手の基本が修練の基本ですが、組手法は改定しています。その組手法は、拓心武道の組手法であり、顔面突きなしの組手法ではなく、防具を活用し、顔面突きありの組手法です。拓心武道の組手法、また空手武道修練というと、難しい感じがしますが、やってみれば難しくありません。なぜなら目的、ゴールが明確だからです。

 拓心武道メソッドは、他と自己を比較し、競い、争うような修練ではなく、また、単純に力に頼るような強引な修練法ではありません。拓心武道とは、個々人の心身の地平をより善く開拓するような修練法です。ゆえに、柔軟な感覚をもつ子供達には、有意義な心身の感性教育となるはずです。また、柔軟性を喪失しつつあるシニア世代の方々の心身ならびに感性を取り戻す修練にもなると思っています。

 

拓心武道のキーワード

「制心」「制機」「制力」


1)「制心」とは心を活かすこと

2)「制機」とは機を活かすこと

3)「制力」とは力を活かすこと


 

 

 

 

備考

  • 2021/2/10:一部加筆修正
PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.