Takushin Budo Method

空手ヒッティングのススメ2020-5-22

空手ヒッティングのススメ 〜身体を拓く心を高める

極真空手の修正  

 極真空手の基本である直接打撃制の組手稽古は、長い間人々に評価され普及してきました。その組手法を採用する空手人は世界中で100万人以上にもなるでしょう。その良点は多くの人が認めるところですが同時に欠点も見えています。もちろん物事には長所短所があり、長所を見て短所は大目にみるとの考え方もあるでしょう。しかしながら極真空手の原点に思いを馳せ現在を見てみますと、空手武術に必要な「攻撃と防御の技術」「間合い調整の感覚を始め攻撃と防御技術を活用する応用力」などが不十分です。ひらたくいえば、顔面への攻撃技術と技能が不十分だということです。その不十分さは現在の極真空手の組手法が未成熟な競技ルールに縛られているにも関わらず、勝利偏重ゆえに発生した瑕疵部分だと思います。言い換えれば、競技によって極真空手が本来目指すべく理想を喪失し、その形が偏向したということです。私はその理想喪失と形の偏向を修正したいと考えてきました。その結果、極真空手の修正のためには、新たな組手法の創設が必要だという地点に辿り着いたのです。 これまでの極真空手の組手競技は  もちろん、これまでの極真空手の組手競技は残すべきだと思いますし、私の道場でも残します。なぜなら、私はその組手法により、誰よりも長い期間、また多くの経験を得、かつ多様な仲間を得ました。私は20代から30代の前半、世界数10カ国を回りましたが、私の想像以上の多様な空手人が存在するに違いありません。私は、その物語と伝統を継承することは我々の使命だと思います。しかしながら、このままではより高いレベルの武道とはならないでしょう。  

 私が考えるより高いレベルの武道とは、その機能と内容に「技術」「技能」「理論」「心法(心理学)」を創出していく力のある武道です。しかし現在の極真空手は機能が脆弱で、内容が貧困です。このままでは人間を根本から変える人間教育としてのシステムではなく、単なる鎧(よろい)としての武道となるでしょう。しかし本来の空手には競技試合の勝利だけの価値しかないのでしょうか。空手とは身体と心を鍛え、多様な仲間を作り、その仲間達と共に社会に貢献していく。そんな価値、そして物語があるのではないでしょうか。

「技術」「技能」「理論」「心法(心理学)」を創出できるシステム~空手武道学校の創設  

 現在、空手界を見れば、団体や流派間の仲が悪く、自団体の良さのみを誇ることが多いように見受けられます。私はそのような立場から離れ、独立自尊で理想を追求します。具体的には新しい組手法と競技会を創設し、先述したように空手本来の「技術」「技能」「理論」「心法(心理学)」を創出できるシステムを作ります。そのシステムを作るために、まずは自分の団体のみで普及者を大事に育て上げます。なぜなら、普及をあまり急ぎ過ぎれば、既存の団体同様、やがて本来の価値を喪失して行く可能性が高いからです。また余計なことに労力を必要として、このシステムをより良いものにして行くための時間がなくなるからです。   もちろん、私の提言とシステムを理解し、修練方法の一つとして採用してくれる人、かつ協力者になってくれる人とは、共に研究、研鑽していきたいと思っています。 空手ヒッティングの詳細は、私が開校を準備、予定している、通信制道場の拓心空手武道学校で伝えていきます。

空手ヒッティングのススメ

 ここで空手ヒッティングの大枠をお話しておきます。空手ヒッティングにおいて最も重要とすることは、「1)理念(目的)」「2)作法(礼法)」「3)攻撃と防御技術の精度」「4)試合経験量の確保」「5)試合結果の正確な分析(感想戦)」の5項目です。それら5つの要素を具現化するために、空手ヒッティングでは防具を採用します。その形態は既存の防具空手団体と似ています。しかし異なる点は、ムエタイや様々な格闘技の技術を柔軟に取り入れてきた極真空手の組手法を基盤にしています。ゆえに伝統的な空手の組手法を基盤とする既存の防具空手の組手法とは少し異なります。いうまでもないことですが、私は既存の防具空手団体の方々の理念と先見性には敬意を持っています。 空手ヒッティングの目指すこと 極真空手を本来あるべき姿に軌道修正する あえて申し上げておきたいことは、空手ヒッティングという組手法並びに競技会を確立する意義は、極真空手を本来あるべき姿に軌道修正することが目的です。

 また繰り返すようですが極真空手が空手のみならず、ムエタイ、中国武術、レスリング、柔道、そして日本柔術など、あらゆる格闘技術を融合したものであったこと。 さらに空手ヒッティイグは、将来的な可能性として、投げ技も可能とする競技法としての「空手ヒッティング・フリースタイル」として発展することも視野に入れています。ただし、私がまず心魂を尽くすのは、打撃技に特化した空手ヒッティングです。

アプローチを変えなければ 理想は実現しない    

 最後にもう一つ述べておきます。かつて私が始めた「突く、蹴る、投げる」を可能とした「フリースタイル空手競技とプロジェクト」は一旦停止します。その代わりにその改訂版として「空手ヒッティング」の普及とプロジェクトを開始します。改めてフリースタイル空手プロジェクトに協力してくれた皆さんには感謝すると共に、私の考えを理解していただきたいと思います。 私は決してフリースタイル空手プロジェクトを始めた意義を喪失したのではなく、アプローチを変えなければ理想は実現しないと考えたのです。

空手ヒッティングのススメ(増田章 2020/5/22記)より (終わり)

 

 

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.