Takushin Budo Method

拓心武道メソッドとは?

拓心武道について

 

以下、「組手形(型)について」から抜粋

【空手武道の技術研鑽と理法体得】

 組手形(型)とは、IBMA極真会館増田道場における空手武道の修練方法に含まれる拓心武道(増田式空手メソッド)の一環です。拓心武道とは、組手形(型)稽古と組手稽古を併行して行う修練方法です。

 組手形(型)は、増田章が各種格闘技を研究し編集した、組手技の活用法を学ぶためのものです。また、現在は行われていない極真空手の「伝統的な技」や伝統的な型(伝統型)に含まれる技の活用法を学ぶことも含まれています。技の活用法を学ぶとは、組手形と拓心武道の組手法(TS方式組手法)と併せた修練による、「技術研鑽」と「理法体得」のことです。

 その「技術研鑽」と「理法体得」の修練において重要なことは、組手稽古や組手試合を皮相的な勝敗の手段としないことです。拓心武道における組手試合は、試合勝負の裏側にある、技術と理法の関係性を学ぶためのものです。つまり、拓心武道とは、組手形(型)と組手試合を併行させた修練により、技と術の原理と理法の体得が目標とすることであり、かつ「道」を求めることなのです。

 

【個々人の心身の地平をより善く開拓する】

 拓心武道メソッド(増田式空手武道メソッド)は、組手形(型)の稽古と併せ、TS方式の組手法(ヒッティング方式組手法)を併行して行います。そのことにより、技の体得のための「技術研鑽」と技術活用のための「技能習得」を目指します。極真会館増田道場の稽古法は、極真空手の基本が修練の基本ですが、組手法は改定しています。その組手法は、拓心武道の組手法であり、顔面突きなしの組手法ではなく、防具を活用し、顔面突きありの組手法です。拓心武道の組手法、また空手武道修練というと、難しい感じがしますが、やってみれば難しくありません。なぜなら目的、ゴールが明確だからです。

 拓心武道メソッドは、他と自己を比較し、競い、争うような修練ではなく、また、単純に力に頼るような強引な修練法ではありません。拓心武道とは、個々人の心身の地平をより善く開拓するような修練法です。ゆえに、柔軟な感覚をもつ子供達には、有意義な心身の感性教育となるはずです。また、柔軟性を喪失しつつあるシニア世代の方々の心身ならびに感性を取り戻す修練にもなると思っています。

 

 

 

 

拓心武道(メソッド)とは

「制心」ー「制機」ー「制技」の「三つの活法」により

「道(天地自然の理法)」との一体化を目指します   

 

 

 

 

備考

  • 2021/2/10:一部加筆修正
PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.