Takushin Budo Method

MENU

上段追い直突きに対し「諸手手刀上段受け×手刀切り落とし」(伝統技)

上段追い直突きに対し「諸手手刀上段受け×手刀切り落とし
 

 

映像の解説

  • この応じ技は平安4を参照すること。
  • 受け取り双方が立礼を行い、中間で向かい合い、十字礼を行う。
  • 仕掛け手は左前屈立ちで構える。応じ手は自然体(開手)の構えで構える
  • 仕掛け手は上段追い突きで仕掛ける。応じ手は左足を一歩前に出し、諸手手刀上段挙げ受けで仕掛け手の突きを防御する。応じ手は間髪を入れずに、仕掛け手の突きを掛け崩し、右手刀で突いてきた右腕を切り落とすようにして倒す。
  • この応じ技は、上段挙げ受けの活用の仕方の一つである。上段挙げ受けの組手型と併せて練習すること。

映像における改善が必要なところ、他

  • 本映像は稽古のメモです。正式には再撮影します。
  • 受け取り双方の礼法の仕方を改善する。
  • 仕掛け手の前屈立ちの構え方に改善の必要あり。また、上段追い突きをスムーズに。
  • その他、改善点が多々あり。以下は練習映像。

 

 

保護中: 第6章 応用組手型

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.