Takushin Budo Method

上中段直突き×中段下突き(連絡技)に対し「退き身×払い落とし受け×肘受け×入り身上中段下突き」

  • HOME »
  • 第6章 応用組手型 »
  • 上中段直突き×中段下突き(連絡技)に対し「退き身×払い落とし受け×肘受け×入り身上中段下突き」

上中段直突き×中段下突き(連絡技)に対し「退き身×払い落とし受け×肘受け×入り身上中段下突き」

/参考映像

 

 

 

解説

仕掛け手は上中段順直突きから中段逆下突きの連打を打つ。それに対し「応じ手」は、直突きを退き身で間合いを調節しながら払い落とし受けで防御、下突きを左の肘受けで防御している。そして間髪を入れず、入り身(踏み込んで)上中段逆直突きで反撃している。

第6章 応用組手型

PAGETOP
Copyright © デジタル空手武道教本TX All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.