心を高め身体を拓く空手

MENU

武道とは自分を活かす道

武道とは自分を活かす道

 増田道場は極真会館の伝統を大切にしながら技術を追求し、極真空手の思想を深めていきます。そして武道としての極真空手を追求していきます。私が仮に武道を大掴みに定義すれば、「武道とは格闘の技術とそれを使う思想も含めた体系」となります。そして武道が思想と言えるものならば、人と社会に有意義なものでなければならないと思います。武道においては、伝統的な形(型)や思想を大事にしながらも、今を生きる人たちに活かされるよう変化し、かつ進化して行くのが自然です。否、むしろ変化に対応するのが武道だと考えています。もちろん伝統を保存する役割の武道団体は別です。しかしながら、伝統を保存することが目的の武道団体の目指すものは武道ではないと思います。繰り返しますが、武道が思想と言えるものならば、今を生きる人たちにとって有意義なものでなければならないのです。

 言い換えれば、私が考える武道とは、心と身体を創る手段であると同時に人間をより良くしていく精神と言っても良いものです。ゆえに武道の体得を目指す者は、自己(私)の精神に対峙し、磨いていく必要があります。

 私は、武道とは自己の精神を高め、かつ自分を活かす道だと考えています。故に目先の優劣や勝ち負けなどにとらわれないようにして欲しいと思います。また、長い目で自己(私)を観る習慣をつけてほしいと思います。また、私の追求する空手武道は、絶えず自(私)を変化させながらも本質を見失わず、高次化(新たな価値を創造していく)していくことに貢献するものです。故に古伝の形を尊重しながらも、新たな武道の地平を開拓していきます。

 最後に、デジタル空手武道教本は絶えず更新を行なっていきます。また本サイトは、空手武道を通じて皆さんと共に歩んでいくための地図であり記録でもあります。ですからIBMA極真会館の極真空手、また拓心武道メソッドによる武道空手を学ぶ方々に絶えず閲覧してほしいと考えています。まだ不十分なサイトですが、さらにコンテンツを充実させて行きますので活用するようにしてください。それでは一緒に空手武道をよりよく学び、そして楽しんでいきましょう。

2020年5月

 

備考

  • 本ページはアーカイブページです
  • 14

■ IBMA極真会館ライブラリー

デジタル空手武道通信

PAGETOP
Copyright © デジタル空手教本 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.